お花のサブスクは母の日のプレゼントに最適。贈って失敗しないのは「ハナノヒ」です。

「今年の母の日のプレゼント、何にしよう…」。毎年の恒例イベントだからこそマンネリ化してしまいますよね。なら今年は、“お花のサブスク”を贈るのはいかがでしょうか。2019年に登場したこのサブスクについて詳しくご紹介したいと思います。

母の日に“お花を飾る習慣”としてサブスクをプレゼントしよう

最近”サブスクリプション(=サブスク)”という言葉をよく耳にしませんか?これは本や動画配信などを一定期間に一定の金額で利用できるサービスのこと。今回紹介するお花のサブスクも同様のサービスです。

おうち時間が長い昨今。日々の生活の中に季節感を気軽に取り入れることのできるお花のサブスクはとても注目されています。
お花を1回買ったことがあっても、それきりになってしまうという声も少なくありません。毎月決まったタイミングで、決まった予算の範囲でお花を買う”機会”を得られるのが、サブスクの特別なところです。
見慣れた寝室や玄関などに、たった1輪、季節ごとのお花を加えるだけで、ワンランク上のお部屋のできあがり! 手軽な模様替えアイテム、インテリアのひとつとしても楽しむことができますよ。

お花との新たな出会いは日々の生活に素敵な変化をもたらします。母の日のプレゼントにすれば、きっと新鮮な気持ちをお母さんに味わってもらえるはず。そんな生活を叶えてくれるのが「ハナノヒ」のサブスクなんです!

「ハナノヒ」ギフトパスポートの詳細を見る

ハナノヒ公式アプリ(iPhone・Android)をDLする

登場から約3年、4万人に選ばれた「ハナノヒ」の人気の秘密

お花のサブスクというと、毎月定額のコースに加入すると、お花屋さんで選ばれたお花が自宅にお花が配送されてくるというものを想像される方もいらっしゃるでしょう。
それとは少し異なる「ハナノヒ」の特長は、何といっても”自分でお花屋さんに行って、好きなお花を選べる”こと。そう、ハナノヒは専用のスマホアプリでプランを選んだあとは、加盟店となるお花屋さんの”リアル店舗”へ行き、対象となる切り花のなかから実際に色や匂いを確かめて、自分の好きなお花を探すことのできる珍しいタイプなんです。

母の日や誕生日にお花をもらうと嬉しいけれど、自分では普段はなかなかお花屋さんに行かない、というお母さんは少なくありません。お花に詳しくなりたいものの、種類や育て方はまだあまり知らない、という声も。そんなとき、毎月決まった金額で必ずお花が送られてくるサブスクのプレゼントは、少し負担かもしれません。
もし、あまり好みではない色やタイプのお花が送られてきたら?おうちのインテリアに合わなかったらどうしよう。育てにくいお花ですぐに枯らしてしまったら。

実際に店頭でお花を見て選べる「ハナノヒ」なら、好きな色や形のお花を自由に組み合わせることができます。お花屋さんで購入するのとほとんど同じ流れなので、初めて見るお花について、長持ちさせるコツや管理方法を店員さんに質問することも可能。また、途中でお休みしたくなったり辞めたくなったりしたら、アプリから簡単にパスポート解約することもできます。

サブスクの手軽さはそのままに、普段の通勤やお買い物・お出かけに”お花のある生活”の楽しさをプラスする。そんなきっかけ作りとして、「ハナノヒ」は多くの方に支持されています。

「ハナノヒ」ギフトパスポートの詳細を見る

ハナノヒ公式アプリ(iPhone・Android)をDLする

サブスクをプレゼントにするのは簡単!「ハナノヒ」ギフトパスポートを使おう

「もっと気軽に、日々の生活でお花を楽しんでもらいたい」という想いから生まれたお花の定額制アプリ「ハナノヒ」。
『ギフトパスポート』を利用すれば、「ハナノヒ」をお試ししてもらいたい人に向けて、全6種類のサブスクプランの中から好きなコースを電子ギフトとしてプレゼントすることができます。

通常「ハナノヒ」でお花屋さんからお花を持ち帰る際は、専用アプリ内の『パスポート』を見せてQRコードを読み込ませます。この『パスポート』には、ギフト機能も付いているんです。
利用は簡単。「ハナノヒ」専用アプリをダウンロードし、「ギフト購入」のメニューよりギフトパスポートを購入したら、贈る人へのメッセージを入力してギフトカードを作成します。そのカードのURLを、LINEやメールでお知らせするだけ。お支払いは自分持ちで、パスポートを受け取った人が自由にそのプランの「ハナノヒ」を利用することができます。
既に自分で「ハナノヒ」を使っている方も、使っていない方も、すぐに使えてしまう機能です。

パスポートを受け取った人は、お店で欲しいお花を直接見ながら探したり、迷ったときには店員さんにおすすめのものを聞くこともできたりと、お花を選ぶ楽しみが倍増。もしもお手入れ方法がわからない場合はアドバイスを貰えます。

それでは、そんな「ハナノヒ」について、特におすすめな3つのプランについて詳しく見ていきましょう!

「ハナノヒ」ギフトパスポート ココハナプラン

お花のサブスクは母の日のプレゼントに最適。贈って失敗しないのは「ハナノヒ」です|日比谷花壇

月額1,085円(税込)

<プラン詳細>
月6回まで、スタッフおすすめの対象の切り花から1本選んで持ち帰ることが可能
<こんな方へのギフトにおすすめ>
お花の初心者でも気軽にスタートできるライトプラン。はじめて生活にお花を取り入れるお母さんへ。

「ハナノヒ」ギフトパスポート ツムハナプラン

お花のサブスクは母の日のプレゼントに最適。贈って失敗しないのは「ハナノヒ」です|日比谷花壇

月額2,955円(税込)

<プラン詳細>
月6回まで、1回あたり990円(税込)まで好きな切り花を選び放題
<こんな方へのギフトにおすすめ>
ココハナプランよりも多くのお花と触れ合えるプランで、自分で簡単なアレンジを楽しめます。お花を選ぶのが楽しくなってきたお母さんへ。

「ハナノヒ」ギフトパスポート ハナハナプラン

お花のサブスクは母の日のプレゼントに最適。贈って失敗しないのは「ハナノヒ」です|日比谷花壇

月額9,665円(税込)

<プラン詳細>
月6回まで、1回あたり3,300円(税込)まで好きな切り花を選び放題
<こんな方へのギフトにおすすめ>
お花を日常的に飾る習慣のあるお母さんにはぜひこちらをプレゼントに。ボリュームのあるプランでスペシャル感があります。

アプリを使えば注文もキャンセルもラクラク

「ハナノヒ」のギフトパスポートは、贈るのも受け取るのもスマホ1つでとても簡単。プレゼントとして気になるのは贈った後のことですが、ギフトパスポートは自動更新されないので、気づかず予定外で更新されてしまった!というトラブルもありません。
お母さんが継続したいと思った場合は、アプリのホーム画面にある「パスポート」より新たに購入してもらえばOKです。

有効期限は、贈る方が購入した日の翌月末日まで。お母さんはプレゼントされた期間だけお試しで使ってもよし、その後に自分で購入して続けてもよし。自由に選ぶことができます。
※受け取り側が既に「ハナノヒ」を利用中で、契約されているのと同じプランを受け取った場合は、ギフト適用期間が終了した時点で、契約中だったプランでの再開となります。

さらに「ハナノヒの交換店舗へ足を運ぶ時間がない…」という方には『ハナノヒ365days』という宅配型のサブスクも!こちらは毎月1回ですが、日比谷花壇のプロがセレクトしたお花を自宅まで届けてくれます。

今大注目の”お花のサブスク”、いかがでしたか?お花とともに過ごす生活は癒やしと笑顔を運んできてくれるはず。そんな新生活を大切なお母さんにプレゼントしてみてください。

「ハナノヒ」ギフトパスポートの詳細を見る

ハナノヒ公式アプリ(iPhone・Android)をDLする

ハナノヒ
ハナノヒ公式サイト
公式サイトTwitterInstagram
公式アプリDLiPhone用Android用
―ハナノヒとは―
“もっと気軽に、日々の生活でお花を楽しんでもらいたい。”
そんな思いを込めてできた、来店型お花のサブスクです。

関連記事